マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

1st Draft:殿堂と王者

1st Draft:殿堂と王者

By Daisuke Kawasaki

 初日のスタンダードが終了しての日本人の成績はかなり厳しかった。やはり、海外勢はヴァラクート対策をしっかりとしたデッキ、たとえば青黒コントロールなどを持ち込んできており、赤緑ヴァラクートで勝ち抜くのはなかなかに厳しかったようだ。

 そんなわけで、ヴァラクートを使用したプロ達は、3敗前後のラインに固まることになり、結果として、二日目のドラフト卓では、日本人同士のつぶし合いが起こりまくりそうな卓が多く生まれた。

 かなり魅力的なポッドが並んでいたのだが、このドラフトでは、「殿堂プレイヤー」藤田 剛史(大阪)と「王者」大澤 拓也(神奈川)が上下で並ぶという、そうそう見ることのできないピックをお届けしたい。

Draft1_Osawa_Rolly.jpg

 日本で最も完成したマジック理論を持っていると言われる藤田と、日本の歴史上でも屈指のリミテッド巧者として知られる大澤のドラフトの妙技をご覧あれ。

1st Pack


藤田剛史 大澤拓也
1 《伝染病の屍賊/Contagious Nim》 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
2 《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》 《マイア鍛冶/Myrsmith》
3 《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake》 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
4 《大石弓/Heavy Arbalest》 《きらめく鷹/Glint Hawk》
5 《銅のマイア/Copper Myr》 《酸の巣の蜘蛛/Acid Web Spider》
6 《板金鎧の海うろつき/Plated Seastrider》 《災難の塔/Tower of Calamities》
7 《銅のマイア/Copper Myr》 《ニューロックの模造品/Neurok Replica》
8 《ガルマの保護者/Ghalma's Warden》 《吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm》

 大澤の初手は、文句なしの《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》。その後は無難にピックを続けていたものの、全体的に無色のカードが多くピックされている。

大澤 「ですね。1パック目は全体的に色の無いカードがピックされてましたね。《マイア鍛冶/Myrsmith》くらいですかね、色決める要素になりそうなカード」

 ということで、大澤は1パック目では保留気味にピックをし、2パック目の流れでいいカードを狙いたいということだ。

 一方の藤田は、初手で《伝染病の屍賊/Contagious Nim》とかなりの恵まれていないパック。パックをむいた瞬間に思わず「弱っ!」と口走ってしまったほどだ。

 だが、大澤から流れてきた《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》を見ると、大きく頷いてこれをピック。その後も青いカードを中心にピックしている。そんな中でも象徴的なのが《大石弓/Heavy Arbalest》を4手目で確保していることだ。

藤田 「このコンボだけは小学生でも勝てるコンボだからね。これがあるっていうのが青を選ぶ理由になるし、おいしいところでもあるよね」

 ということで、早めに青を決めつつ《大石弓/Heavy Arbalest》を確保し、多く流れてくるであろう《ソリトン/Soliton》に期待する戦略のようだ。

 色をほぼ固定していない大澤と、青を中心にこぼれてくるカードに期待する藤田。それでは続いて2パック目を見てみよう。

2nd Pack


藤田剛史 大澤拓也
1 《金のマイア/Gold Myr》 《伝染病エンジン/Contagion Engine》
2 《分散/Disperse》 《憤怒の三角護符/Trigon of Rage》
3 《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》 《闇の掌握/Grasp of Darkness》
4 《逆刺の戦具/Barbed Battlegear》 《煙霧吐き/Fume Spitter》
5 《ニューロックの模造品/Neurok Replica》 《鉛のマイア/Leaden Myr》
6 《ダークスティールの巨大戦車/Darksteel Juggernaut》 《鉄のマイア/Iron Myr》
7 《トンネルのイグナス/Tunnel Ignus》 《モリオックの模造品/Moriok Replica》
8 《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake》 《煙霧吐き/Fume Spitter》

 藤田は再び、パックをむいて「弱っ!」と一言。そして、《金のマイア/Gold Myr》をピック。

 一方の大澤は再び無色の《伝染病エンジン/Contagion Engine》と非常に強力なカードをファーストピック。2手目も色を固定しない《憤怒の三角護符/Trigon of Rage》となかなかメインカラーが決まらなかったが、3手目で色拘束も強いが効果も強い除去である《闇の掌握/Grasp of Darkness》が流れてきたことで、これをピック。黒を狙う事とする。

大澤 「3手目で大体、色は決めましたね。そっから《煙霧吐き/Fume Spitter》を集めていった感じです。(10手目でもとれた)《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires》が安く集められたのはよかったですね」

 一方の藤田は、3手目で《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》をピックして、2色目を白に決めたように見えるが......

藤田 「《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》の所がミスだったわ。せっかく緑マナでる《銅のマイア/Copper Myr》をとっていたんだし《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》じゃなくて《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》をとっておくべきだった」

 カードのパワーとしては《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》のほうが《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》よりは高いのだが、その真意は......3パック目のドラフトで明らかになる。

3rd Pack


藤田剛史 大澤拓也
1 《ニューロックの模造品/Neurok Replica》 《存在の破棄/Revoke Existence》
2 《大石弓/Heavy Arbalest》 《存在の破棄/Revoke Existence》
3 《ソリトン/Soliton》 《鉛のマイア/Leaden Myr》
4 《銀のマイア/Silver Myr》 《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》
5 《金属の駿馬/Chrome Steed》 《メムナイト/Memnite》
6 《ソリトン/Soliton》 《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》
7 《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake》 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
8 《ソリトン/Soliton》 《水膨れ地掘り/Blistergrub》

 《ソリトン/Soliton》がついにパックからでた!

藤田 「よかったよ。ここで《ソリトン/Soliton》でてなかったら早くもドロップするしかないところだった」

 というわけで、3枚とかなり多めの《ソリトン/Soliton》をピックし、追加の《大石弓/Heavy Arbalest》も手に入れ、コンボ達成がしやすいデッキができた。

藤田 剛史
世界選手権2010 / 1st Draft
9 《島/Island》
7 《平地/Plains》

-土地(16)-

1 《オーリオックの太陽追い/Auriok Sunchaser》
1 《ガルマの保護者/Ghalma's Warden》
1 《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》
1 《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》
3 《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake》
1 《板金鎧の海うろつき/Plated Seastrider》
1 《金属の駿馬/Chrome Steed》
2 《銅のマイア/Copper Myr》
1 《金のマイア/Gold Myr》
2 《ニューロックの模造品/Neurok Replica》
1 《銀のマイア/Silver Myr》
3 《ソリトン/Soliton》

-クリーチャー(18)-
1 《分散/Disperse》
1 《取り繕い/Turn Aside》
1 《調和者隊の盾/Accorder's Shield》
1 《逆刺の戦具/Barbed Battlegear》
2 《大石弓/Heavy Arbalest》

-呪文(6)-


藤田 「でも、思ったよりもコンボに頼り切るデッキになったね。もっと殴るデッキになるかとおもっていたんで《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》をとったんだけど、これなら0/6をとっておくべきだった。《ダークスティールの巨大戦車/Darksteel Juggernaut》のところも、《ロクソドンの旅人/Loxodon Wayfarer》でよかったかもしれない。多分はいらなかったけど」

 こうして、青メインの強力なコンボデッキを作り上げた藤田。「早速ドロップしてそう」とはいうものの、非常に固いデッキに見える。


 一方の大澤は強力レア2枚を軸に、無難に白黒デッキをまとめ上げてきた。

大澤 拓也
世界選手権2010 / 1st Draft
8 《平地/Plains》
8 《沼/Swamp》

-土地(16)-

2 《きらめく鷹/Glint Hawk》
1 《マイア鍛冶/Myrsmith》
2 《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires》
2 《煙霧吐き/Fume Spitter》
1 《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》
1 《鉄のマイア/Iron Myr》
2 《鉛のマイア/Leaden Myr》
1 《モリオックの模造品/Moriok Replica》
1 《ニューロックの模造品/Neurok Replica》
1 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》

-クリーチャー(14)-
2 《存在の破棄/Revoke Existence》
1 《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1 《伝染病エンジン/Contagion Engine》
1 《災難の塔/Tower of Calamities》
1 《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》
1 《憤怒の三角護符/Trigon of Rage》
1 《転倒の磁石/Tumble Magnet》

-呪文(10)-


大澤 「まぁ、レアが強いのでそれが活躍すれば勝てそうです。でも、途中でマナマイアの取り方ミスりましたね」

 どういうことだろうか。

大澤 「《鉛のマイア/Leaden Myr》(黒)をとったところで、《銀のマイア/Silver Myr》(青)をとっておくべきでした。デッキの色に合ってるのは《鉛のマイア/Leaden Myr》だったけど、《ニューロックの模造品/Neurok Replica》がどっちんしろ入るデッキになるっぽかったので、ワンチャンス能力を使えるように、青マナが出るようにするべきでしたね」

 藤田の《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》と《銅のマイア/Copper Myr》の例もそうだが、この環境には「無色でだせて、能力が色マナ」というカードが多い。特に、模造品の能力が便利で素のスペックにも申し分がない青と緑、そしてアドバンテージ手段になり得る黒は、タッチで使える可能性があるだけに、マナマイアを確保するときはこれらの色を優先してとった方がよいという。

 さて、このように、ある程度「脇に流れた」戦略を選択しピックした二人だったが、その一方で、王道とも言える「感染」デッキをピックし、卓でひとりの感染を達成した男がいた。

 それは「曲者」大塚 高太郎(神奈川)だ。

大塚 高太郎
世界選手権2010 / 1st Draft
8 《森/Forest》
9 《沼/Swamp》

-土地(17)-

1 《伝染病の屍賊/Contagious Nim》
1 《苦痛鍛冶/Painsmith》
5 《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》
1 《嚢胞抱え/Cystbearer》
1 《腐食獣/Molder Beast》
1 《絡み森の鮟鱇/Tangle Angler》
1 《テル=ジラードの堕ちたる者/Tel-Jilad Fallen》
1 《背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader》
1 《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》
1 《錆ダニ/Rust Tick》
1 《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》

-クリーチャー(15)-
1 《屍肉の呼び声/Carrion Call》
1 《ゲスの玉座/Throne of Geth》
2 《汚れた一撃/Tainted Strike》
1 《感染の賦活/Instill Infection》
1 《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1 《憤怒の三角護符/Trigon of Rage》
1 《転倒の磁石/Tumble Magnet》

-呪文(8)-


 《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》が5枚も入ったこのデッキ。果たして全勝で駆け抜け、トップ8までの希望を残すことができるだろうか。

前の記事: 1st Draft: 中島 主税(東京) | 次の記事: Round 7:森 勝洋(東京) vs. 高橋 優太(東京)
イベントカバレージ/世界選手権10 一覧に戻る

イベントカバレージ