マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 10:大礒 正嗣(広島) vs. Brad Nelson(アメリカ)

Round 10:大礒 正嗣(広島) vs. Brad Nelson(アメリカ)

By Daisuke Kawasaki

 3人の「現役」殿堂入りプレイヤーが生まれ、Jon Finkel(アメリカ)とKai Budde(ドイツ)に継ぐ「歴代3番目」のプレイヤーは誰かなんていう話題がそこかしこで語られているこの世界選手権。

 歴代3番目はともかく、たった今、現在におけるトップランナーは、PoYレース独走中の「FFfreaK」ことBrad Nelson(アメリカ)であることに異論はないだろう。

R10_Nelson.jpg

 そんなNelsonと、同じく世界レベルで実力が認められているプレイヤー大礒 正嗣(広島)がマッチアップされたという話をきいたので、すべてをほっぽりなげてフィーチャーさせていただこう。

Game 1

R10_Oiso_Nelson.jpg

 Nelsonは2ターン目に《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》、3ターン目に《嚢胞抱え/Cystbearer》という毒デッキとしてもトップスピードな展開。

 対する大礒は、2ターン目に《鉛のマイア/Leaden Myr》をプレイしたものの土地が止まってしまう。《ニューロックの模造品/Neurok Replica》をプレイするが、《感染の賦活/Instill Infection》で《鉛のマイア/Leaden Myr》を除去されてしまい、厳しい盤面になってしまう。

 段々と小さくなっていく《ニューロックの模造品/Neurok Replica》で盤面をしのいでいくものの、Nelsonは《ダークスティールの斧/Darksteel Axe》を追加し、感染速度を加速させていく。

 なんとか《金のマイア/Gold Myr》でマナを確保して《ゴーレムの職工/Golem Artisan》を出したころには、どうブロックしても毒死を免れない盤面となってしまっているのだった。

Nelson 1-0 大礒

Game 2

R10_Oiso.jpg

 後手のNelsonが1ターン目に《ダークスティールの斧/Darksteel Axe》を出してくるのを見て、小さくため息をつく大礒。Nelsonはさらに追加で《屍百足/Necropede》を召喚する。

 大礒も《ニューロックの模造品/Neurok Replica》を出して場を固める大礒。Nelsonも《テル=ジラードの抵抗/Tel-Jilad Defiance》で一時的に《ニューロックの模造品/Neurok Replica》ににらみをきかせたが、2体目が出てきたことで盤面は膠着する。

 対してNelsonは《荒廃のマンバ/Blight Mamba》と《鉄のマイア/Iron Myr》をプレイ。《荒廃のマンバ/Blight Mamba》を見て、さらに深いため息を大礒がつく。自分のターンに《ヴィダルケンのセルターチ/Vedalken Certarch》をプレイし、5マナ残してターンエンド。

 Nelsonは《荒廃のマンバ/Blight Mamba》に《ダークスティールの斧/Darksteel Axe》を装備させてアタック。これを無傷のほうの《ニューロックの模造品/Neurok Replica》がブロックして、カウンターが3つのる。

 ここで大礒がビックプレイ。《屍百足/Necropede》を《決断の手綱/Volition Reins》で奪い取り、脅威を減らしつつ《ヴィダルケンのセルターチ/Vedalken Certarch》の金属術を達成したのだ。

 だが、Nelsonもだてに今年のPoYレースを独走していない。ここで《煙霧吐き/Fume Spitter》でダイレクトに《ヴィダルケンのセルターチ/Vedalken Certarch》を除去する。大礒は対応して《荒廃のマンバ/Blight Mamba》をタップしてターンを稼ぎ、《ゴーレムの職工/Golem Artisan》をプレイしてターン終了。Nelsonも《闊歩するものの装具/Strider Harness》をプレイ。

 ここでNelsonは長考する。

 そして、長考の末に導き出した結論は、《荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon》をプレイし、《闊歩するものの装具/Strider Harness》を装備させて殴るというもの。

大礒 「おい、それかよー」

 これで大礒の毒カウンターは6に。大礒は《皮裂き/Skinrender》で《荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon》のサイズを下げる。Nelsonは《ダークスティールの斧/Darksteel Axe》を《荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon》に装備し直して攻撃。大礒は《屍百足/Necropede》を《ゴーレムの職工/Golem Artisan》の能力で飛行させて対処するが、《感染の賦活/Instill Infection》で対応されてしまう。

 大礒は《調和者隊の盾/Accorder's Shield》を《ゴーレムの職工/Golem Artisan》に装備させて攻撃し、なんとか時間を稼ごうとするのだが、結局、大礒にのった8個の毒カウンターが10個になるのにそうは時間はかからないのだった。

Nelson 2-0 大礒

前の記事: 2nd Draft: 高橋 優太(東京) | 次の記事: Round 10:中村 修平(大阪) vs. Joel Calafell(スペイン)
イベントカバレージ/世界選手権10 一覧に戻る

イベントカバレージ