マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

2nd Draft:三田村ドラフト研究室

2nd Draft:三田村ドラフト研究室

By Daisuke Kawasaki

三田村 「いやー、今回、超リラックスしてますよー」

 今大会が開催されている幕張メッセ。地元千葉の強豪と言えば、「魔王」三原 槙仁(千葉)と「番人」三田村 和弥(千葉)のふたりのプロツアーチャンピオンだろう。

 特に、三原がもともとは九州勢であったことを考えると、三田村こそ千葉の権化、魔界の最深部であると言えるだろう。まさに、この千葉の土地のタイトルを海外勢から守る番人である。

Draft2_Mitamura.jpg

 そんな三田村が、現状、なんとか3敗のラインで奮闘しているという。この2nd Draftでは地元応援キャンペーンとして三田村のピックを追いかけてみよう。

1st Pack

1 《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》
2 《危険なマイア/Perilous Myr》
3 《謎鍛冶/Riddlesmith》
4 《空長魚の群れ/Sky-Eel School》
5 《死体の野犬/Corpse Cur》
6 《冷静な反論/Stoic Rebuttal》
7 《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》
8 《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》


 初手での選択肢としては他に《粗石の魔道士/Trinket Mage》《炉の式典/Furnace Celebration》《モリオックの模造品/Moriok Replica》《荒廃のマンバ/Blight Mamba》とあったが、単純にカードパワーで《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》をピックした三田村。

 3手目に《謎鍛冶/Riddlesmith》、4手目に《空長魚の群れ/Sky-Eel School》とピックしたことで、とりあえず1色は青に決めた感じか。

2nd Pack

1 《皮裂き/Skinrender》
2 《拘引/Arrest》
3 《ニューロックの模造品/Neurok Replica》
4 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
5 《ケンバの空護衛/Kemba's Skyguard》
6 《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》
7 《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》
8 《ニューロックの模造品/Neurok Replica》


 2パック目は、問答無用の最強アンコモン、《皮裂き/Skinrender》。

三田村 「川崎さんがとってる記事で《皮裂き/Skinrender》とれたよ」

 しかし、2ピック目では《拘引/Arrest》をピックした。

三田村 「今回はかなりオープンなドラフトを心がけたところはあります。流れは決してよかったとは言えないんですけど、おかげで流れてくる強力カードはある程度きちんと確保できましたね。実際、2パック目の序盤の時点で赤以外の4色すべてに触れる形になっていましたね」

 それが顕著に出ているのは、このパックの6手目と7手目だ。

 ここで《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》を2連続でとっている三田村だったが、両パックとも《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires》がはいっており、初手の《皮裂き/Skinrender》をいかすならば、《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires》のピックも検討してもよいのではないか。

三田村 「そういう考え方もあるんですけどね。今回はさっきもいったようにオープンなドラフトを考えていたので、ほぼ確定していた青をさらに固めることを考えましたね。《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》と《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires》はそんなに差があるカードではないので、この場合はマナベースに余裕を作る事を重視しました」

 そんな三田村の戦略は3パック目で実を結ぶことになる。

3rd Pack

1 《太陽破の天使/Sunblast Angel》
2 《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》
3 《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》
4 《存在の破棄/Revoke Existence》
5 《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》
6 《謎鍛冶/Riddlesmith》
7 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
8 《災難の塔/Tower of Calamities》


 オープンパックで手に入れたのは、爆弾カード《太陽破の天使/Sunblast Angel》。

三田村 「1回目のドラフトでは決めうち気味だったからとれなかった《太陽破の天使/Sunblast Angel》ですけど、今回はきちんとパワーカードを受け入れられる戦略だったので、《太陽破の天使/Sunblast Angel》をとることができました」

 こうして、2色目を白に決め、運良く白のこぼれてくる流れをつかみ、デッキを作り上げた三田村。しかし、2手目では、白い《ケンバの空護衛/Kemba's Skyguard》、青い《ソリトン/Soliton》ではなく、《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》をとっている。

 このピックに関して三田村はこう理由を説明する。

三田村 「この時点でちょっとカードが足りなくなりそうだったんですよね。ここで《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》をピックしておけば、最初にとった《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》もデッキに入れられるので、実質的に1回のピックで2枚のカードを取れたようなものです。毎回こうやってうまくいくとは言えませんけど、こういう時には知っておくといいかもしれません」

 系統だった理論によって、悪い流れにもかかわらず、まとまったデッキを作り上げることに成功した三田村。このデッキと共に3連勝し、地元からのトップ8という展開を演出することはできるか。

Draft2_Mitamura2.jpg

三田村 和弥
世界選手権2010 / 2nd Draft
9 《島/Island》
7 《平地/Plains》
1 《森/Forest》

-土地(17)-

1 《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》
1 《危険なマイア/Perilous Myr》
2 《謎鍛冶/Riddlesmith》
2 《ニューロックの模造品/Neurok Replica》
1 《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》
3 《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》
1 《空長魚の群れ/Sky-Eel School》
2 《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》
1 《太陽破の天使/Sunblast Angel》
1 《板金鎧の海うろつき/Plated Seastrider》

-クリーチャー(15)-
1 《飛行の呪文爆弾/Flight Spellbomb》
1 《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》
1 《冷静な反論/Stoic Rebuttal》
1 《存在の破棄/Revoke Existence》
1 《拘引/Arrest》
2 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
1 《災難の塔/Tower of Calamities》

-呪文(8)-

前の記事: Round 9:Paulo Vitor da Rosa(ブラジル) vs. Christopher Wolf(オーストリア) | 次の記事: 2nd Draft: 高橋 優太(東京)
イベントカバレージ/世界選手権10 一覧に戻る

イベントカバレージ