マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 12:浅原 晃(神奈川) vs. Corey Baumeister(アメリカ)

Round 12:浅原 晃(神奈川) vs. Corey Baumeister(アメリカ)

By Daisuke Kawasaki

 昨日、「なんの罪もないヴァラクート」と名付けられたデッキを使用し、2勝4敗という罪深い成績で折り返すこととなってしまった浅原 晃(神奈川)。

R12_Asahara.jpg

 その夜おこなわれたMOCSでは、《苦花/Bitterblossom》《変身/Polymorph》という斬新なコンセプトのデッキ「KTN?」で4勝し、Brad Nelson(アメリカ)を初めとした一部のアメリカプロに大喝采をうけていたのだが、その勢いのままに、本日のドラフトも現時点で5連勝。一気にトップ8の可能性が現実味を帯びてきた。

 このポッドの全勝対決となるこのマッチで対するはChannel FireballのメンバーでもあるCorey Baumeister(アメリカ)。現在の強いアメリカの象徴と浅原はどう闘うのか。

Game 1

R12_Baumeister.jpg

 後手のBaumeisterが《ヴィダルケンのセルターチ/Vedalken Certarch》をプレイ。対して、浅原は2ターン目に《銅のマイア/Copper Myr》をプレイしてマナ加速する。Baumeisterは《謎鍛冶/Riddlesmith》をプレイ。

 この《謎鍛冶/Riddlesmith》が《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》によってブロックされずにアタック、浅原に2点ずつのクロックをかける。

 だが、浅原も負けていない。ここで《吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm》をプレイし、Baumeisterの倍のスピードのクロックを用意する。この時点でBaumeisuterは全くアーティファクトクリーチャーをプレイしておらず、《ヴィダルケンのセルターチ/Vedalken Certarch》の金属術を考えても厳しい。

 Baumeisterは《ニューロックの模造品/Neurok Replica》をプレイしてゲーム展開の主導権を握ろうと画策するのだが、浅原はさらに《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》を追加し、力業でねじ伏せにかかる。返しでBaumeisterは《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》でアタックしてマナを残してターン終了。この時点でライフレースは浅原が14、Baumeisterが12。

 《金のマイア/Gold Myr》を追加した浅原は、《吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm》でアタックしてBaumeisterのライフは12。さらに《思考の三角護符/Trigon of Thought》をプレイする。

 しかし、この返しのターンで6マナに到達したBaumeisterが《吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm》へと《決断の手綱/Volition Reins》をプレイし、盤面を一気にひっくり返す。ターンをかえされた浅原はこの盤面をみて長考する。

 そして、ありったけのマナをつぎ込んで、X=5の《起源の波/Genesis Wave》。まずめくられたのは《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》。これで《決断の手綱/Volition Reins》への対抗策は用意されたのだが、めくれた残りの4枚がすべて《島/Island》。残念ながらこれでは《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》の能力は使用することができない。

 4枚増えた《島/Island》から生み出したマナで《思考の三角護符/Trigon of Thought》の能力を使うが、ここで引いたカードも驚きの《島/Island》。浅原はBaumeisterへとターンを返し、Baumeisterは《吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm》と《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》でアタックする。

 このアタックに対して、浅原は長考。そして「むずかしい...」とつぶやくと《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》で《吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm》をブロックする。そして、続く自身のターンに《パラジウムのマイア/Palladium Myr》の召喚でBaumeisterにカウンターが無いか確認し、《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》を着地させる。

 だが、このなんの罪もない《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》は《拘引/Arrest》によって拘束されてしまう。浅原は《吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm》のアタックを《金のマイア/Gold Myr》でチャンプブロックし、《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》によってライフが8に。

 浅原は手札と《思考の三角護符/Trigon of Thought》でひいてきた《闊歩するものの装具/Strider Harness》と《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》をすべて展開し、召喚したばかりの《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》に《闊歩するものの装具/Strider Harness》を装備。2体のドレイクでアタックする。Baumeisterはアタックを通して、ライフが5に。

 Baumeisterは浅原の手札が無いことを確認すると、まず《パラジウムのマイア/Palladium Myr》を《ニューロックの模造品/Neurok Replica》で手札に戻し、そして、自身のターンに残る唯一のブロッカーである《銅のマイア/Copper Myr》に《拘引/Arrest》を貼り付け、全軍アタック。このアタックで浅原のライフはゼロになってしまった。

Baumeister 1-0 浅原

Game 2

R12_Asahara_Baumeister.jpg

 パワーカード同士のぶつかり合いとなったこのマッチアップ。Game 2も互いにマリガンはなく、ファーストアクションは、浅原が3ターン目に召喚した《パラジウムのマイア/Palladium Myr》。対して、Baumeisterも《ニューロックの模造品/Neurok Replica》をプレイする。

 浅原は《錆びた秘宝/Rusted Relic》をプレイし、Baumeisterも《ガルマの保護者/Ghalma's Warden》とジャブの打ち合いがハードパンチ。浅原は続くターンに《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》で金属術を達成し、5/5となった《錆びた秘宝/Rusted Relic》でアタックすると、さらに《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》を追加する。

 展開力でも単体のカードのパワーでも遅れをとってしまったBaumeisterはここで長考する。そして《拘引/Arrest》を《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》にエンチャントしてターン終了。浅原の《錆びた秘宝/Rusted Relic》と《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》のアタックに対して、再び長考し、結果、この7点のダメージを受けライフを8とする。

 浅原は《思考の三角護符/Trigon of Thought》をプレイし、能力起動でマナを使い切るとターン終了を宣言。Baumeisterはここで《ニューロックの模造品/Neurok Replica》の能力を使用して《錆びた秘宝/Rusted Relic》を手札に戻す。

 そして、自分のターンに6マナになったところで《地層の鎌/Strata Scythe》をプレイ。《島/Island》を刻印すると、《ガルマの保護者/Ghalma's Warden》に装備させてアタック、浅原のライフを12にする。浅原はアンタップして《真っ二つ/Slice in Twain》で《地層の鎌/Strata Scythe》を割ると、《銅のマイア/Copper Myr》を追加して、《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》でアタック。Baumeiterのライフは6。

 Baumeiterはここで《剃刀のヒポグリフ/Razor Hippogriff》をプレイ。《地層の鎌/Strata Scythe》を回収し、ライフを回復しつつ、盤面を逆転するだけのクロックを作り出す。

 対処法をきっちり検討しなければならなくなってしまった浅原は、自身の残りマナを何回も数えなおし、まず《思考の三角護符/Trigon of Thought》でカードを引くと《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》をプレイする。このなんの罪もない《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》はやはり《拘引/Arrest》される。

 《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer》がプレイされ、アンブロッカブルになった《ガルマの保護者/Ghalma's Warden》がアタックして、浅原のライフは8。

 ここで浅原は、X=7で《起源の波/Genesis Wave》をプレイする。だが、その7枚の中に戦況を覆すカードはなかった。

Baumeister 2-0 浅原

前の記事: Round 12:高橋 優太(東京) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ) | 次の記事: 世界選手権2010写真館 DAY 2
イベントカバレージ/世界選手権10 一覧に戻る

イベントカバレージ