マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 12:高橋 優太(東京) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

Round 12:高橋 優太(東京) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

By Tomohiro Kaji

 二日目のドラフト最終戦、ここで勝ち、明日も同じペースで勝つことがTop8の最低条件なラインである8勝3敗同士のマッチアップだ。

 高橋のピックについては、詳細記事があるのでそちらを参照してもらいたい。
 その時のインタビューの別れ際、2-0したら最終戦にフィーチャーを取りに行くと約束をした。是非このまま3-0するという約束も果たしてほしい。

Game 1

R12_Takahashi.jpg

 ダイスロールで後手を選んだ高橋、1ターン目に《トゲ撃ちの古老/Spikeshot Elder(SOM)》からゲームを開始した。

 《島/Island(M11)》《平地/Plains(M11)》と続けるJosh。色的に《トゲ撃ちの古老/Spikeshot Elder(SOM)》を除去するカードはほとんどないため、パワーを増強される前に殴りきらなければならず、《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》をキャストし、攻撃を急ぐ。高橋も1ダメージの為に払うマナはなく、《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》、《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica(SOM)》と加え相手をけん制する。

 もっとクロックが欲しいJoshは、《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake(SOM)》を金属術なしで呼ぶが、その返しに高橋に《生体融合外骨格/Grafted Exoskeleton(SOM)》をキャストされてしまう。

 盤面には既に{R}{R}が揃っており、《トゲ撃ちの古老/Spikeshot Elder(SOM)》が装備すれば感染3点砲台が完成し、早急に対処しないとJosh自身の毒死も迫ってくる。
 だが、Joshには《拘引/Arrest(SOM)》や《存在の破棄/Revoke Existence(SOM)》という対抗手段もなく、《金属の駿馬/Chrome Steed(SOM)》や《ダークスティールの巨大戦車/Darksteel Juggernaut(SOM)》とクリーチャーをキャストするも、{2}{R}{R}{R}{R}の揃ってしまった高橋にかたっぱしから破壊されてしまい、3/3になった古老自身のアタックとプレイヤーへの火力でJoshはあっという間に毒死した。

高橋 1-0 Josh

Game 2

R12_Utter-Leyton.jpg

 今度はJoshが後手を選びゲームが始まる。

 2ターン目に高橋がキャストした《危険なマイア/Perilous Myr(SOM)》から続く《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica(SOM)》のダメージに、それぞれ1点ではあるが確実にライフを減らしていくJosh。

 またも4ターン目に《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake(SOM)》を場に出すが、それでは《危険なマイア/Perilous Myr(SOM)》は止められない。Joshは《オーリオックの模造品/Auriok Replica(SOM)》や《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》で盤面をやっとこう着させるが、すぐに高橋が《ミミックの大桶/Mimic Vat(SOM)》を加え、《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica(SOM)》とのコンボを揃えてしまう。

 だが、高橋はマナが3マナで停滞している為に、積極的に模造品を生け贄に捧げ戦線を開く気にはまったくなれない。しばし、お互いに展開が無くドローゴーが続くが、Joshは《ミミックの大桶/Mimic Vat(SOM)》を悪用される前に《存在の破棄/Revoke Existence(SOM)》した。

 やっと場をイーブンに戻したJoshがアタッカーとして呼んだのが《ダークスティールの巨大戦車/Darksteel Juggernaut(SOM)》。
 だが一方、その返しに高橋が出したブロッカーが再生マナを残した状態の《荒廃のマンバ/Blight Mamba(SOM)》。

 毎ターン必ずアタックしなければいけない暴走戦車は、一度は《飛行の呪文爆弾/Flight Spellbomb(SOM)》でプレイヤーへと攻撃できたものの、その後は究極のブロッカーたる感染持ちクリーチャーにブロックされ、あっという間に間にサイズが0/0になってしまい、墓地へと消えていってしまった。

 そんなやり取りをしてる間に、マナの詰まっていた高橋に十分なマナが届くと、《ヴァルショクの模造品/Vulshok Replica(SOM)》、《腐食獣/Molder Beast(SOM)》と続けて展開する。逆に土地を過剰に引いてしまっているJoshは、呪文を引いてもクリーチャー不足、なのに《逆刺の戦具/Barbed Battlegear(SOM)》とかみ合わず、《憤怒の三角護符/Trigon of Rage(SOM)》を得た高橋が今度は《荒廃のマンバ/Blight Mamba(SOM)》を積極的に攻撃に送る。

 《決断の手綱/Volition Reins(SOM)》をJoshがキャストしても、場には《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica(SOM)》。なにも解決にならず、こうなってしまうと止まらない《荒廃のマンバ/Blight Mamba(SOM)》に加え、《腐食獣/Molder Beast(SOM)》の攻撃も加わると、損は承知でも相打たなければならないライフへと落ち込んでしまった。

 《真実の確信/True Conviction(SOM)》を場に出したはいいが、絆魂を持つことになるクリーチャーのいないJoshに、高橋が《転倒の磁石/Tumble Magnet(SOM)》を見せることで、Joshは投了を宣言したのだった。

高橋 2-0 Josh

前の記事: Round 11:Brian Kibler(アメリカ) vs. Kopec Mateusz(ポーランド) | 次の記事: Round 12:浅原 晃(神奈川) vs. Corey Baumeister(アメリカ)
イベントカバレージ/世界選手権10 一覧に戻る

イベントカバレージ